instagram
MRDULA

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ

Ayurveda

– アーユルヴェーダについて –

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語の「Ayus(生命・寿命)」と「Veda(科学・知識)」が結合した言葉で、「生命科学」という意味を持ちます。 約5000年前にインドで発祥した、世界三大伝統医学のひとつであるアーユルヴェーダは、幸福と長寿のためのホリスティックケアです。 アーユルヴェーダにおける健康とは、肉体だけではなく、心・五感・魂が幸福に満ちている状態のことを指し、バランスを整えて、身体の内外両面の健康と美しさを保つことを目指しています。 アーユルヴェーダでは誰にでも実践できる予防医学的アプローチが多く、ドーシャ(体質)に合わせた食事療法、瞑想、ヨガ、マッサージ、呼吸法など、毎日の生活に簡単に取り入れることができます。

体を動かす3つのエネルギー

アーユルヴェーダではドーシャ(体質)と呼ばれる3つのエネルギー「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」が私たちの心身の健康に作用していると考えます。 ドーシャ(体質)によってこの3つのエネルギーバランスのベストな状態が異なり、体や心の変化によって人はそのエネルギーバランスを崩します。 アンバランスな状態をそのままにしていると、体に不調があらわれることになります。 まずは自分の内側の変化を捉えることが、心身の健幸にとって大切です。

dosha

Vata風 / 空

ヴァータとは風のエネルギーで、風と空の元素から構成されており、軽性・冷性・動性・速性・乾燥性という性質を持っていて、循環や分解/デトックス、思考などの活動に関わります。

[ヴァータ体質の体と心の特徴] 機敏で活発、想像力が豊か。ときに気まぐれでストレスを受けやすい。

Pitta火 / 水

ピッタとは火のエネルギーで、火と水の元素から構成されており、熱性・鋭性・軽性・液性・油性という性質があり、変換のエネルギーとして代謝や消化をコントロールします。

[ピッタ体質の体と心の特徴] 知的で情熱的、完璧主義。ときに怒りっぽく見栄っ張り。

Kapha水 / 土

カパは、水のエネルギーで水と地の元素から構成されており、重性・冷性・遅性・油性・安定性といった性質を備え、結合エネルギーとして体力や免疫を維持する作用を持っています。

[カパ体質の体と心の特徴] 穏やかで寛大、辛抱強い。ときに大雑把で保守的。

ホリスティックケアとは

ホリスティックとは、古代ギリシャ語の「Holos(ホロス)」が語源となっており、全体・全てという意味です。 医学的には、肉体・心・魂のような全体性を考慮した治療と定義されています。 悪いところを部分的に治すのではなく、健康な身体を機能させる全ての部分の相互作用やつながりを重視したアプローチです。 精神・身体・環境が程よく調和し、一人ひとりが自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出している状態が健康であると考えます。